ED治療には、バイアグラが有効でジェネリック医薬品もある

ゆっくり増量

本来、男性が性的興奮を覚えた場合に、ペニスの海綿体に血液が流入し勃起することで、女性の陰部にペニスを挿入できるようになりますが、ED(勃起不全)は、ペニスが勃起しない状態が継続したり、勃起しても、すぐに萎えてしまう状態のことを言います。
男性は、勃起してセックスすることで、子孫を残す本能があります。
また快楽を求めてセックスやマスターベーションを行ってしまいます。
ED(勃起不全)の男性は、彼女や配偶者ができたとしても、セックスを行えない状態があるため、深刻に悩んでいる方も少なくありません。
セックスが出来ない状態をストレスに感じ、心因性のED(勃起不全)が悪化してしまう傾向も多くあります。
ED治療として日本では、ファイザー製薬が製造しているバイアグラが有名で、医療機関でも処方が受けられます。
バイアグラは、ペニスの海綿体に流入する血液量を増やす作用があり、勃起の状態を継続してくれますので、セックスが可能になり、これで自信が付く男性も多いです。
メリットが多い薬ですが、デメリットもあります。
まず、医療機関で処方してもらうことになりますので、受診しなくてはなりません。
本気でED(勃起不全)に悩んでいる人は、「恥ずかしいなんて言ってられない」という気持ちが強いでしょうが、やはり抵抗を持っている方も多いと思います。
さらに、バイアグラは、50mgと100mgの種類があり、1錠の薬価が約1500円と高額になります。
初めて飲む方は、1錠をピルカッターで割り、25mgから飲み始め、自分の体に合った量を見つけることが必要です。
25mgで効果が現れない人は50mg、100mgと段階を踏んで増量しましょう。
一日100mg以上の服用はしないように注意しましょう。

ゆっくり増量高価なお薬バイアグラ体調のすぐれない時は控えてください